• 湾岸地区「商品券15000円」の入会特典

アクアクララでは備蓄という枠を設けず、普段の生活から使用していくことで、万が一に備えていくことができます。

日ごろ当たり前に使用しているお水ですが、被災時にはもっとも重要な存在です。

近年繰り返し発生している異常気象による記録的豪雨や大地震、ウイルス感染症の発生など・・・
こうした災害など緊急事態には、スーパーの商品が品切れになったり、ライフラインが復旧するまで相当な時間を要するなど、数々の混乱の状況を目の当たりにしてきました。

千葉県では災害等で水道水が使用できなくなった場合、県内19拠点で応急給水を行います。
大地震の時などは市の指定避難場所でも応急給水が行われるとのことです(県水だよりより)。

各所に給水地点はあるものの、多くの人が必要とするものであり何時間も給水車の列に並ぶことが予想されます。
2011年の東日本大震災では、給水車の列に5、6時間並んだそうです。
これは被災者にとって大変な労力です。

また、現在新型コロナウイルスの感染拡大により、避難所へ行かない『在宅避難』も選択肢の一つとなっています。
在宅避難では支援物資が届きにくいという課題があり、各ご家庭で最低限の備えが必要です。

普段から使っているものなら、いざという時も安心して使えます。
アクアクララで備蓄を始めませんか?

アクアクララの防災システム

2020年09月01日千葉県水道局発行「県水だより」より

3.11東日本大震災当時もいつもどおり配達しました。

【浦安新聞2012年03月09日発行より】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です